single.php

一人暮らしでも「広い部屋に住む」メリットって?デメリットもあるの?

教えて!グッドルーム〜それならURに住んでみない?〜 [PR] Vol.7

シェア
一人暮らしでも「広い部屋に住む」メリットって?デメリットもあるの?

「長く、安心して暮らせるいいお部屋」を探している方におすすめしたいのが、UR賃貸住宅のお部屋です。みんなが抱えているお部屋の悩み、実はUR賃貸住宅なら解決できるかもしれません。
今回は、家にいる時間が増えてちょっと手狭だな、と感じている方に。一人暮らしでも1LDKや2LDKなど、広い部屋に引越すメリットやデメリット、ネックとなる家賃を安くおさえる方法などをまとめます。

text : Miha Tamura / 提供:UR賃貸住宅

広い部屋に引越すメリットって?

メリット1:家具が配置しやすい

20〜25㎡の一般的なワンルーム、1Kのお部屋では、ベッドとデスク、ベッドとソファなどを置くといっぱいに。部屋のサイズや間取りに合わせて、必要なものを厳選しなくてはいけません。また、お店で見て気に入って買った家具も、「部屋のサイズに合わなくて窮屈になってしまった」「動線が悪くなってしまった」などの失敗も多くなります。

1LDK以上のお部屋なら、ベッドルームにはベッドだけ、リビング・ダイニングにダイニングテーブルとソファ、両方を置くことができます。また、配置に余裕もできるので、気分転換に模様替えをして楽しむことも可能です。

一人暮らしでも、インテリアにこだわりがある方は、1LDK以上の余裕のあるお部屋を選ぶと、置くことのできる家具の選択肢が格段に広がり、楽しくなりますよ。

団地ライクな3DKのお部屋に北欧の家具を組み合わせて、レトロモダンなインテリアを楽しんでいらっしゃる一人暮らしのお部屋。(photo : @ko_int)

団地ライクな3DKのお部屋に北欧の家具を組み合わせて、レトロモダンなインテリアを楽しんでいらっしゃる一人暮らしのお部屋。(photo:@ko_int

メリット2:「仕事スペース」や「就寝スペース」をしっかり区切って、オンオフの切り替えができる

ワンルームや1Kでは、寝るとき、食べるとき、仕事をするときと、ずっと同じ空間で過ごすことになります。特に、在宅ワークでオンオフの切り替えをするのが難しいという声をよく聞きます。
2部屋以上ある間取りなら、1部屋は仕事部屋として完全に仕切ることができ、気持ちの切り替えをしやすくなります。
また、夜なかなか寝つきにくいという方も、ベッドルームをしっかりと生活スペースから分けることで、余計なものが目に入らないようにしたり、決まった匂いのものを置く、落ち着いたカラーに整えるなど、しっかりと睡眠をとるための工夫をしやすいです。

ご自宅でお仕事をするため、仕事部屋をしっかりと分けたお部屋(photo:@iknn.iknn)

ご自宅でお仕事をするため、仕事部屋をしっかりと分けたお部屋(photo:@iknn.iknn

ベッド周りにはなるべくものを置かず、シンプルに整えたお部屋(photo:@jam_154)

ベッド周りにはなるべくものを置かず、シンプルに整えたお部屋(photo:@jam_154

在宅ワークを考えているならこの記事も参考に:在宅ワークなら「UR賃貸住宅がおすすめ」って、どんな理由?

メリット3:収納が増え、すっきりとした部屋づくりができる

広さに余裕のあるお部屋では、クローゼットや押入れ、それにキッチンの吊り戸棚などの収納スペースも、それに合わせて大きくつくられていることが多いです。
生活感を感じるアイテムは収納の中に全て隠して、すっきりとした部屋に整えることができます。

メリット4:家族や友人を呼びやすい

広い部屋なら、家族や友人が来たときにゆったりくつろいでもらうことができます。泊まってもらうときも、1人はベッドルームに、1人はリビングに、など空間を確保できるため、お互いに気疲れすることなく、気兼ねなく過ごしてもらえます。

デメリットはある?

家賃が高くなる?

同じエリアで比較をすれば、当然ながら広いお部屋ほど、家賃は高くなります。今より広い部屋に住みたいけど、家賃は抑えたい場合には、少し郊外のお部屋を探すか、駅からバス便など少し離れているお部屋も検討してみるとよいでしょう。意外に、今まで知らなかったエリアに自分にあった場所が見つかるかもしれません。

この記事も参考に:「駅からバス」って、やっぱり不便?そんなこともないですよ!お得で便利なUR賃貸住宅の「バス近物件」まとめました。

掃除が大変?

掃除をしなくてはいけない面積は、たしかに増えます。ただし、掃除を楽にするコツは、床になるべく物を置かないこと。広い部屋の方が収納スペースが多いため、余計なものをしまってすっきりした部屋づくりを心がければ、掃除のしやすい部屋を作ることができるでしょう。

光熱費がかかる?

広いお部屋ほど、冷暖房や照明が多く必要なため、光熱費は多くかかります。特に冷暖房効率が気になる方は、仕切りのない広いワンルームではなく、1LDK、2DK、2LDKなど部屋ごとに区切れる間取りを選ぶようにするとよいでしょう。

広い部屋を選ぶコツは?

フレキシブルに使える間取りがベター

広い部屋を選ぶなら、ふだんは仕切りを開けて開放的に、人が来たときには閉じてプライベート空間を隠したりというように、フレキシブルに使うことのできる間取りのお部屋がおすすめです。特にUR賃貸住宅には、そうした間取りのお部屋が多くあります。

引き戸で仕切られていて、全て開ければワンルームのようにも使えるお部屋。(この団地の紹介はこちら)

引き戸で仕切られていて、全て開ければワンルームのようにも使えるお部屋。(この団地の紹介はこちら

収納力もしっかりチェック

お部屋の面積だけでなく、収納スペースもどのぐらいの大きさがあるかをしっかりチェックしましょう。収納家具を置く必要がなければ、それだけお部屋を広く使うことができます。

押入れタイプで奥行きの広い大きな収納がついているお部屋(この団地の紹介はこちら)

押入れタイプで奥行きの広い大きな収納がついているお部屋(この団地の紹介はこちら

都心の狭いワンルーム、1Kマンションで、ちょっと窮屈な思いをしている方。広くてゆとりがあり、フレキシブルに使いやすい間取りの多い、UR賃貸住宅のお部屋にぜひ目を向けてみてください。好きなインテリアを楽しみながら、余裕を持って暮らせるお部屋が見つかるかもしれません。

unnamed
「それならURに住んでみない?」INDEX
Vol.1 「UR賃貸住宅」ってなに?ふつうの賃貸となにが違うの?
Vol.2 「UR賃貸住宅」を借りる時ってどうすればいいの?実際に見学しに行ってみました
Vol.3 「UR賃貸住宅」は初期費用がお得ってどういうこと?具体的にどのぐらい違うの?
Vol.4 「和室」をおしゃれに使いこなす方法を教えて!
Vol.5 「駅からバス」って、やっぱり不便?そんなこともないですよ!お得で便利なUR賃貸住宅の「バス近物件」まとめました。
Vol.6 在宅ワークなら「UR賃貸住宅がおすすめ」って、どんな理由?

田村美葉

田村美葉

グッドルーム・ジャーナル編集部所属。エスカレーターマニアというちょっと変わった肩書きを持っていますが、インテリアやリノベーションが大好きです。goodroon journal の取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。

シェア
一人暮らしでも「広い部屋に住む」メリットって?デメリットもあるの?
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

そうだ、団地に住んでみよう [PR] Vol.32

駅まで5分!緑豊かな水辺に建つ大きな団地「大幸東」に住もう

ナゴヤドームのすぐお隣の駅、「砂田橋」に、名古屋市にあるUR賃貸住宅の中でも最大級の大きな団地があるのをご存知ですか?駅からも近く、自然もたくさんある魅力的な環境に、「ここって、求めてたものが全部あるかも!」とちょっと興奮しましたよ。…

教えて!グッドルーム Vol.201

同棲前にチェック!気になるお金、間取り、インテリアのこと、まとめてみました

初めてパートナーとの二人暮らしを始めるときに気になる、お部屋探しのこと。お金はどのくらいかかるの?どんな間取りがいいの?買い足すインテリアはどんなもの?同棲を始めるときに知っておきたいハウツーをまとめてみました。…

そうだ、団地に住んでみよう [PR] Vol.27

北海道の大地の豊かさを満喫する暮らし。江別市大麻にあるUR賃貸住宅が素敵でした

北海道江別市。自然豊かで食べ物も美味しく、豊かな暮らしを楽しめ、札幌へのアクセスも良いことから、近年ファミリー世帯を中心に移り住む方が増加しているエリアです。そんな江別市の大麻エリアにある、暮らしやすそうなUR賃貸住宅の団地を取材してきました。…

そうだ、団地に住んでみよう [PR] Vol.34

名古屋市内で緑豊かな生活をリラックスして楽しむ。「千代が丘」の自由な暮らし

UR賃貸住宅「千代が丘」は、「平和公園」の北側に位置する、緑豊かな環境が魅力の団地です。樹々の間を縫うようにつくられた街路に、ゆったりとしたつくりのお部屋。まるで郊外のような豊かな生活を満喫できそう。人気のMUJI×UR団地リノベーションプロジェクトのお部屋もありますよ!…

私らしく暮らす賃貸インテリア Vol.60

土間のあるリノベーション団地で緑に囲まれ暮らす。心地よい一人暮らしのインテリア

真ん中に土間が作られた、ラフで素材感の良いリノベーション団地。一目見て、ここで暮らすイメージが湧いてきたという運命のお部屋で、楽しく居心地の良い空間を作っていらっしゃる一人暮らしのインテリアを拝見します。…

アプリバナー