single.php

《2022GW DAY5》北欧モダンインテリアの実例まとめ

私らしく暮らす。賃貸インテリア 総集編

シェア
《2022GW DAY5》北欧モダンインテリアの実例まとめ

北欧ナチュラルの雰囲気に、直線的なアイテムやアイアンの家具をプラス、モノトーン寄りのカラーでまとめた北欧モダンインテリア。シンプルで洗練された雰囲気のある、北欧モダンインテリアの実例をまとめました。

text : Miha Tamura

北欧モダンインテリアとは?

北欧モダンインテリアとは、白やナチュラルな色味の家具を使った北欧ナチュラルのインテリアに、より直線的なデザインやアイアンの家具などをプラスし、グレーなど、モノトーン寄りにカラーバランスを整えたインテリアのことです。

北欧モダンインテリアの特徴はこちら。

・ アイアンと木をミックスした家具
・ グレーのファブリック
・ 直線的で機能的なデザイン

北欧モダンインテリアのおしゃれな実例をまとめます。

【26㎡】ダルトーンで整えた1K

キャプション

suiさんがお住まいなのは、26㎡ほどの1Kのお部屋。居室の広さは8畳ほど。ヘリンボーン風のフローリングシートは、ご自身で敷いたもので、完全にモノトーンで統一すると冷たい感じになってしまうので、黒でしめつつも他の色を入れながら、バランスをとっていらっしゃるそう。


(このお部屋はこちら)

シンプルにまとめるのは簡単だけど、それだけだと味気ないと、suiさん。柄物を取り入れたり、小物を置くことで、視線の集まるポイントを意識的に作っているといいます。(このお部屋はこちら)

【30㎡】機能的に整えた1K

キャプション

タカヒロさんが一人暮らしをしていらっしゃるのは、30㎡ほどの1Kのお部屋。お部屋に使われている色は、ややヴィンテージっぽい木の色、アイアンの黒、そしてグレージュ系。無機質すぎず、おしゃれで柔らかい雰囲気です。


(このお部屋はこちら)

ただ配置するだけでなく、ポスターが3点なら、周りに配置する植物も3点と規則性を持たせたり、ポスターに使われている色もインテリアと合わせて色数を極力絞るなど、計算されています。 (このお部屋はこちら)

【30㎡】白・木・ステンレスでつくる1K

キャプション

nullnemさんがお住まいのお部屋は、30㎡弱の1K。7畳ほどの二面採光の居室を、すっきりとシンプルに住みこなしていらっしゃいます。


(このお部屋はこちら)

ドアを開けた時には死角になる位置に、IDEEのデスクを配置。合わせているスツールはお気に入りというアルテックのスツール60。木の家具だけだと可愛い印象になりすぎるため、黒のアイテムや、無印良品のステンレスユニットシェルフを収納棚として使い、クールな印象をプラスしていらっしゃいます。(このお部屋はこちら)

【25㎡】モノトーンでまとめた1K

キャプション

デザイナー、イラストレーターとしてご活躍されている senaさんがお住まいなのは、25㎡の1Kのお部屋。色がごちゃごちゃしないように、大きな家具は基本的に白で揃え、黒やグレーなどモノトーンでまとめられたお部屋。ただ、あまりにも白、黒だけだと寂しい印象になってしまうため、グリーンや木の素材の小物で温かみをプラスしています。


(このお部屋はこちら)

黒のYチェアは、座りやすい椅子を探して悩んだ末「歴史のあるものを」と選んだとっておき。自粛期間をきっかけに、デスクも導入しました。(このお部屋はこちら)

【7畳】モダン家具を加えたワンルーム

キャプション

グッドルームスタッフの福田さんが暮らしているのは、7畳ほどのワンルーム。グッドルームのオリジナルリノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」のお部屋。「せっかくTOMOSに住むのだから、家具は厳選して好きなものを置こうと思いました」と福田さん。これまでに持っていた家具は多くを買い替えて、とことんこだわって探したお気に入りばかりが集まっています。


(このお部屋はこちら)

手前の青いチェアは「ずっと探していた」というウリヨ・クッカプーロの「FUNKTUS」チェア。その奥にはD&DEPARTMENTで思いきって購入した「マルニ60」のキャビネット。モダンでデザインの良いアイテムが加わることで、シンプルなお部屋の絶妙なアクセントになっています。 (このお部屋はこちら)

【45㎡】照明で広く見せる1LDK

キャプション

「TOMOS」に住み始めて半年ほどが経ったという、伊東さん。11.8畳ほどのリビングは、お部屋全体のベースカラーを、茶・グレーなどで統一し、ポスターやモビール、植物などの小物をアクセントにしています。あくまでTOMOSの良さである無垢フローリングの風合いが残るような見せ方を意識しているとのこと。


(このお部屋はこちら)

部屋にはシーリングライトのような全体を照らす照明はなく、部屋のあちこちに置かれた間接照明を駆使して、空間を演出しています。 (このお部屋はこちら)

goodroomのオリジナルリノベーション賃貸「TOMOS」

賃貸だと、満足のいくお部屋探しができないと思っていませんか。
TOMOS(トモス)は、賃貸でも心地よく暮らせる、ありそうでなかった「ふつう」のお部屋ブランドです。

ほんものの木でつくられた床は、さらっとした肌ざわりや、ふわっと広がる木のにおいが楽しめます。
また、革ざいふのように、使い込むほどに色合いやツヤが変化していきます。

五感で楽しむ。時間とともに育てる。住めば住むほど、いとおしくなる。

「ふつう」なのに、どこにもない。
ちょっと特別なTOMOSのお部屋に暮らしませんか。

TOMOSのお部屋一覧はこちらから
東京・神奈川・埼玉・千葉大阪・神戸・京都名古屋福岡広島札幌

gallery_5

お部屋や引越しのお悩み、大募集!

いただいた質問に、引越し大好きな goodroom スタッフがお答えします。
下記フォームより、お気軽におしらせください。

田村美葉

田村美葉

グッドルーム・ジャーナル編集部所属。エスカレーターマニアというちょっと変わった肩書きを持っていますが、インテリアやリノベーションが大好きです。グッドルーム・ジャーナルの取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。
詳しいプロフィールはこちら

シェア
《2022GW DAY5》北欧モダンインテリアの実例まとめ
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

賃貸インテリアのアイディア集 Vol.342

ゆらぎを感じる癒しのアイテム「モビール」のあるインテリア実例まとめ

北欧生まれのインテリア雑貨「モビール」は、風にゆらゆらと揺れる「ゆらぎ」によって、眺めているだけでリラックスできる癒しのアイテム。モビールの簡単な作り方と、モビールを取り入れたおしゃれなお部屋のインテリア実例をまとめました。…

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.159

ミッドセンチュリーと北欧ヴィンテージの組み合わせ、植物でバランスを整える。二人暮らしのインテリア

中心街にも電車やバス一本でアクセス出来るエリアでありながら、大通りから少し入った閑静な住宅街での二人暮らし。 北国の寒さを感じない、温かみのある空間をインテリアとたくさんの植物で作り上げられているYukoさんにお話を伺ってきました。…

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.202

ホテルライク×ナチュラルの洗練された1K。男性一人暮らしのインテリア

ナチュラルインテリアに、間接照明のあたたかい光を取り入れて、落ち着いたホテルのような雰囲気をプラス。色や素材にこだわって選んだ家具とたくみな配置で洗練された空間を作られている男性一人暮らしのお部屋を拝見しました。…

spacegray
main_copy
sub_copy
goodroom