single.php

同棲にかかる初期費用はどれぐらい?東京・初期費用が安い二人暮らし向けのおすすめ物件まとめ

たのしい同棲 Vol.11

シェア
同棲にかかる初期費用はどれぐらい?東京・初期費用が安い二人暮らし向けのおすすめ物件まとめ

同棲を始めてみようかな、と考えていらっしゃる方へ。暮らし方を想像しながら、間取り図を眺めてみませんか。
同棲のスタートにはどのぐらいの初期費用がかかるのか、また、初期費用が安いおすすめ物件をまとめてみました。

text : Miha Tamura

同棲スタート時に必要な初期費用は約90〜120万円

都内での二人暮らしの平均的な家賃「13万円」で、初期費用のトータルの目安を計算するとこのようになります。

費用1: 不動産会社に支払う初期費用 = 約60〜70万円
費用2: 引越し費用・家具家電費用=約30〜50万円

トータル 約90〜120万円

費用1:不動産会社に支払う初期費用は「家賃の5〜6ヶ月分」

不動産会社に支払う初期費用の相場は「家賃の5〜6ヶ月分」と言われます。
具体的な費目は以下のとおり。

・敷金 1ヶ月分 13万円
・礼金 1ヶ月分 13万円
・仲介手数料 1.1ヶ月分 13.13万円
・家賃 1ヶ月分 13万円 ※初月の日割り家賃別途
・鍵交換費用 約2万円
・火災保険 約2万円
・保証会社初期費用 0.5ヶ月分 6.5万円

トータル 626,300円 + 初月の日割り家賃(マックス13万円)

費用2:同棲スタート時の引越費用の相場は「約10万円」、家具・家電費用は「約20万円〜40万円」

同棲スタート時、それぞれが荷物を持ち寄ると考えると、引越費用の相場は「約10万円」です。

参考:一人暮らし・二人暮らしの引越し、引越し料金の目安はどのぐらい?安く抑えるポイントは?

家具・家電については、もともと持っているものを利用する場合には少なくなりますが、仮にすべて新しく購入すると考えた場合、およその目安はこのようになります。

・ベッド、寝具 約10万円
・冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機 約20万円
・カーテン 約2万円
・ダイニングテーブル、チェア 約3万円
・ソファ、ローテーブル 約3万円
・食器類 約2万円

トータル 約40万円

このほか、照明器具、冷房、ガスコンロが設置されていないお部屋では自分で揃える必要があります。

はじめから全て揃えようと思うと、引越費用も購入費用も高額になり、部屋も狭くなります。
お互い荷物を持ち寄る際には、不要なものはなるべく手放して荷物を少なく、家具・家電を購入する際には実際に暮らしをスタートして「必要になってから」購入するようにして、スペースなどにも余裕を持って暮らしましょう。

初期費用を安くおさえるには「礼金ゼロ」や「フリーレント」のある物件がおすすめ

初期費用を安くおさえるためには、「礼金ゼロ」や「フリーレント」などのキャンペーンが設定されているお部屋を選ぶのがおすすめです。
ただし、「フリーレントつき」のお部屋では1年以内解約の場合、違約金が発生するケースもあるので、募集条件をよく確認するようにしましょう。

参考:「フリーレント」ってなに? 注意すべきポイントは?

東京・二人暮らしにおすすめの「初期費用が安い部屋」

東京(および近郊)で二人暮らしにおすすめの、初期費用がお得な部屋をまとめてみました。

憧れエリアで始める二人暮らし

清澄白河駅から徒歩11分の1LDK。東京都現代美術館のある清澄白河は、ブルーボトルコーヒーの出店でも話題になった、アートとコーヒーの街。下町の雰囲気がただよう路地におしゃれなお店を見つける楽しみがあり、若者世代にも人気の街です。
さらに、仲介手数料ゼロ+礼金ゼロ+フリーレント1ヶ月のキャンペーン中のため、通常の初期費用に比べて合計3ヶ月分もお得になるのがとても魅力的です。

43a339cb-6ff6-4564-98b1-bbdf9c3c9976-p1

無垢フローリングに白のデザインキッチンがかわいいLDK。

無垢フローリングに白のデザインキッチンがかわいいLDK。

3口コンロのキッチンは、長いツールバーもついていてとても使いやすそうです。

3口コンロのキッチンは、長いツールバーもついていてとても使いやすそうです。

リビング側にはちょっと大きめのコーナーソファを置いて、のんびりできる空間にしてみたいです。(このお部屋はこちら)

リビング側にはちょっと大きめのコーナーソファを置いて、のんびりできる空間にしてみたいです。(このお部屋はこちら)

広々16畳のLDKで楽しむ二人暮らし

都営新宿線の瑞江駅から徒歩1分という駅近が魅力の1LDK。54.9㎡と広いお部屋を贅沢に1LDKにリノベしているため、窓に面したLDKは広々16畳。家具の配置もいろいろ楽しめそうです。
こちらのお部屋は礼金ゼロ+フリーレント1ヶ月つきで、合計2ヶ月分お得に。

9ed60ea5-eb28-4a2c-bc1d-d8ff3536b927-p1

グレーのアソビューに無垢フローリングの広々LDKが魅力的。

グレーのアソビューに無垢フローリングの広々LDKが魅力的。

思い切って大きくてふかふかのソファを置いて、ゆったりくつろいでみたいですね。(このお部屋はこちら)

思い切って大きくてふかふかのソファを置いて、ゆったりくつろいでみたいですね。(このお部屋はこちら)

オリジナルの独立洗面台もすごくかわいいデザインです。

オリジナルの独立洗面台もすごくかわいいデザインです。

まずはここから。10万円以下で始める二人暮らし

暮らしやすさに定評のある小田急線沿線、狛江駅徒歩11分の1LDKです。34㎡と少し小さめですが、水まわりがコンパクトにまとまっているので部屋の広さは十分確保されています。
こちらのお部屋は礼金ゼロのキャンペーン中。家賃も10万円以下なので、費用をおさえて二人暮らしを始めてみたい方におすすめです。

a1e35990-2b1e-4e27-b283-24dfce3c209e-p1

キッチンは見えないように仕切りがあるので、生活感を隠してすっきり暮らしたい方におすすめ。

キッチンは見えないように仕切りがあるので、生活感を隠してすっきり暮らしたい方におすすめ。

LDKは11畳としっかり広さがあるので、ソファを置いてくつろげそうですよ。

LDKは11畳としっかり広さがあるので、ソファを置いてくつろげそうですよ。(このお部屋はこちら)

寝室も6畳としっかり広さあり。低いスタイルを選ぶとさらに広く見せることができますよ。(このお部屋はこちら)

寝室も6畳としっかり広さあり。低いスタイルを選ぶとさらに広く見せることができますよ。(このお部屋はこちら)

goodroomのオリジナルリノベーション賃貸「TOMOS」

賃貸だと、満足のいくお部屋探しができないと思っていませんか。
TOMOS(トモス)は、賃貸でも心地よく暮らせる、ありそうでなかった「ふつう」のお部屋ブランドです。

ほんものの木でつくられた床は、さらっとした肌ざわりや、ふわっと広がる木のにおいが楽しめます。
また、革ざいふのように、使い込むほどに色合いやツヤが変化していきます。

五感で楽しむ。時間とともに育てる。住めば住むほど、いとおしくなる。

「ふつう」なのに、どこにもない。
ちょっと特別なTOMOSのお部屋に暮らしませんか。

TOMOSのお部屋一覧はこちらから
東京・神奈川・埼玉・千葉大阪・神戸・京都名古屋福岡広島札幌

gallery_5

TOMOS の詳細はこちら
https://www.goodrooms.jp/about_tomos/

田村美葉

田村美葉

goodroom journal編集部所属。インテリアやリノベーションが大好きです。goodroon journal の取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。
詳しいプロフィールはこちら

シェア
同棲にかかる初期費用はどれぐらい?東京・初期費用が安い二人暮らし向けのおすすめ物件まとめ
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

spacegray
main_copy
sub_copy
goodroom