single.php
TOMOS people Vol.17

海辺のリゾートのような開放感を楽しむ部屋

シェア
海辺のリゾートのような開放感を楽しむ部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、お部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。今回は、設計のお仕事をされている、女性おひとり暮らしのお部屋を訪問。開放的なワンルームを活かして、まるでリゾートみたいにゆったり寛いでいる姿が印象的!

text & photo : Ken OHYAMA

今回の取材は、まるですてきな女主人のいるリゾートに遊びに来たかのようだった。かっこいいワンピース姿で迎えてくれた “女主人” は和田佳奈美さん。とてもフレンドリーで明るく、知的さを感じる美人。お友達になりたい。ここが兵庫でなければ遊びに来るのになー。そう、前回に引き続き首都圏を離れ、楽しいお部屋訪問をしているのです。

_DSC7929

撮った写真のほとんどが笑顔だった佳奈美さん。魅力的!

ゆかいな友達の集まる部屋

この部屋に引っ越してきたのは、昨年2015年の10月。それまで5年間会社の寮にいたそうだ。「せまくて、陽当たりが悪くて、ほとんど部屋にいなかったですね」とのこと。「引っ越して、部屋がいるのが好きになって。あ、でもやっぱり外で遊んでばかりかな―」と笑う佳奈美さん。お仕事は設計で、目下一級建築士を目指しているときいて、たいへんですよね―、と言ったら「試験が夏から秋にかけてじゃないですか、でも夏は遊んじゃいますよね―」って。ナイスキャラだ。きっとゆかいな友達がたくさんいるんだろうな、と思った。

実際、部屋探しの時の条件は「JR沿線(東海道線)」だったそうなのだが、その理由は「友達が沿線に多いので」。友人にすぐ会えるかどうかで部屋を決めるって、すごくいい。「友達を部屋に呼べるようになったのもうれしい。この前は10人泊まっていきました」にはびっくりした。確かに広いけどここに10人って無理だろう! 「みんなぎゅうぎゅうで床に寝てました。あはは」

もともとは奥のベッドがある空間と、手前のソファとテーブルがあるスペースは別の空間だった。リノベされて広々としたワンルームに。

もともとは奥のベッドがある空間と、手前のソファとテーブルがあるスペースは別の空間だった。リノベされて広々としたワンルームに。

Goodroom1280-8104

ハンモックが、佳奈美さんのキャラに良く合ってるなー、と思った。

思い描いてたのは『ハダカで歩き回れる部屋』

TOMOSの売りはなんといっても無垢の木の床で、それを気に入って入居する方が多いのだが佳奈美さんは「その点は最初の条件として考えてなかったです。あとから見てみて『木の床いいな!』って気づきました」とのこと。「それより思い描いてたのは『ハダカで歩き回れる部屋』ってこと。大きなワンルームで、開放的で、できればお風呂もガラス張りとかがよかった」。

Goodroom1280-8069

明るくて、小さめだけど使いやすそうなキッチン。冷蔵庫がなつかしの「WiLL」だ! 「なかなか気に入る冷蔵庫がなかったんですけど、これかわいいですよねー!」と。わかる。

Goodroom1280-8051

「サッシが古いままなのが気に入ってます」とのこと。これもわかる! この換気のための小さい窓、いいよねー。

Goodroom1280-8198

キッチンの照明は、カゴをぶら下げた中にエジソンランプ。すてき。例によって編集田村さんは「これ真似しよう!」って言ってた。

もともと2DKのものをひとつにしていて、希望通り開放的。窓の面積が比較的大きく明るい。「おかげで朝起きられるようになりました」とのこと。「あと、風も良く通ってすごく気に入ってます」

聞けば、リノベ工事の際には「お風呂の壁取っ払えませんか」と交渉したそうだ。「さすがに『それはちょっと……』って言われちゃいました!」。一級建築士になったらぜひそういう部屋を設計してもらいたい。で、友達呼んでみんなで入浴してほしい!

Goodroom1280-8059

革のトランクは飾りかと思ったら「ほんとうに旅に持っていきますよ」とのこと。重いでしょ! って言ったら「でもテンション上がるんですよ」と。佳奈美さんすごい。すてき。

Goodroom1280-8096

元もと別だった部屋を仕切れるようにカーテンレールがつけられているが、そこに下がっているのは、花たち。キュート。

エイジングする素材が好き

インテリアに関しては、とても中性的なのがおもしろい。ぱっと見、女性の部屋だか男性の部屋だか分からない。今まで見てきた部屋に比べると、白い家具があまりないからそう感じるのだろうか。「革とか木とか鉄とか、エイジングする素材が好きなんです」とのこと。特に革のソファが部屋の雰囲気を決定づけている。

このソファは、かなりのお気に入りのようで「部屋が広くなって、家具探すのが楽しくて、特にこのソファ! もう一目惚れでした!」とのこと。「もうほんとうに気に入ってて、彼氏より好き!」とまで言ってて、それはどうなんだ、と思ったけど。

_DSC8040

「彼氏より好き!」というちょうお気に入りのソファ。彼氏の心持ちや、いかに。

一方、ベッドに関しては「これ!」といったものがまだ見つかっていないという。「気に入ったものがあったらすぐ変えられるように、パレットに乗せてます」というのがまたすてき。いいよねー、パレット。倉庫好きのぼくなどはぐっとくる。「そうしたら通気性良くて、もうこれでいいかなー、って」。

Goodroom1280-7916

ベッドは、パレットの上にマットレス。いいなこれ! うちもこうすればよかった。

Goodroom1280-8100

旅先で拾ってきたという流木が枕元に。風が吹くと静かに揺れてすてきだった。

大切な仲間との思い出を並べて

さて恒例の「集めてるものを並べてもらう」。今回は友達と作ったTシャツの数々を出してもらった。同僚の皆さんなどと一緒に、なにかイベントがある度に作るのだそうだ。たのしそう! トンチの効いたデザインを楽しみつつ、ぼくはあることにはっとした。これまでいろいろな方々に、こうやってあるものを並べてもらったが、自分ひとりではなくみんなで作ったものを出してきた人は彼女がはじめてだ。

_DSC8193

ちょっと悪ノリしてる感じの雰囲気があって、さぞかし楽しんで作ったんだろうな―、と思った。

このTシャツと、さきほどの部屋探しの時の条件「友達が沿線にいるから」を思い出して、佳奈美さんにとって友達はほんとうにとても大切なものなんだな、と感動した。この部屋に引っ越ししたのもいわば「友達のため」なのかもしれない。壁を取っ払って広いワンルームにリノベされた開放的な部屋も、友達を呼ぶ場所にしたいという考えがあったのではないか。ガラス張りのお風呂はよく分からないけど。

ソファもそうだ。椅子はひとりのためのものだが、ソファは誰かと並んで座るためのもの。ひとり暮らしだけど自分のためだけの空間ではない。それが佳奈美さんの部屋なのだろう。部屋に入った時に感じた「女主人のいるリゾートに遊びに来たかのよう」は当たっていたのだ。

そういう彼女が設計する建築を見てみたい。がんばって試験合格してください。夏遊びはほどほどにしてな!

_DSC8145

ポーズの指示など全くしていないんだけど、自然に腕を広げて横たわった佳奈美さん。ほんとうにすてきな方でした。また遊びに行きたい。

大山 顕

写真と文:大山 顕

フォトグラファー/ライター。1972年11月3日生まれ。工場や団地などの構造物を中心に撮影と執筆を行っている。出版、ラジオ出演、イベント主催などで活躍。『工場萌え』『ジャンクション』『団地の見究』『ショッピングモールから考える』など著書多数。 twitter:@sohsaiinstagram:@ken_ohyama

(最後にもう一度編集部から)

グッドルームのオリジナルリノベーション「TOMOS」のお部屋は、都内を中心に、毎月10~20部屋登場します。家具も喜ぶ!? 無垢フローリングの居心地のよい空間を体験してみてくださいね。

>東京・神奈川・埼玉・千葉のTOMOSのお部屋一覧へ
>大阪・神戸・京都のTOMOSのお部屋一覧へ
>名古屋のTOMOSのお部屋一覧へ

シェア
海辺のリゾートのような開放感を楽しむ部屋
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

TOMOS people Vol.25

「お揃い」が似合うカップルの、こだわりインテリアの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、初めてのふたり暮らしを始められた仲良しカップルの部屋を訪問。好きな作家さんの作品がこだわって買った家具が並ぶ、楽しく素敵なインテリアが魅力的でした。 (編集部)…

TOMOS people Vol.13

カラフルでハッピーなふたりの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、20代の仲良しご夫婦、ティールさんのお部屋をご訪問。とってもカラフルで元気の出るインテリアですが、色のテイストがまとまっていて居心地は抜群。ついつい大山さんと二人で長居してしまいました。 (編集部)…

TOMOS people Vol.19

陽当たりの良さにほっと一息。イラストレーターさんの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、女性イラストレーターさんの一人暮らしのお部屋に訪問。部屋で仕事するため、「陽当たり」が最優先だったという彼女は、これがなんと9回目の引越し。さすが、すっきり整理された気持ちのよいお部屋でした。 (編集部)…

TOMOS people Vol.22

色とりどりの「思い出」と暮らす。カラフル&キュートなひとり暮らしの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、就職で上京してきたばかりというおひとり暮らしのお部屋を訪問。今までに行った場所、出会ったひととの思い出がたくさん詰まった、とっても可愛らしいワンルームです。…

TOMOS 引越日記 Vol.5

築浅の部屋がお得だと思っていたけれど……リノベーション賃貸に2年住んで思ったこと。

今までなんとなく部屋探しをしてきたけれど、次は絶対におしゃれなところに住みたい。そんな決意をもって見つけたのは、リノベーション賃貸の部屋でした。引越してから2年が経ち、住んでみた感想をまとめます。 (text & photo : Miha Tamura)…

楽しもう!ひとり暮らし Vol.3

「黒」がお部屋を引き締める。Tyさんの大人シックなワンルーム

これから初めてのひとり暮らしを始める方や、お部屋のイメージをちょっと変えてみたい!と思っている方へ。たくさんのヒントがもらえそうな、ひとり暮らしの先輩の部屋を紹介します。 3人目は、世田谷区のワンルームマンションに暮らす、Tyさんのお部屋。「黒」を引き締めカラーに取り入れた、大人っぽいお部屋におじゃましました。 …

アプリバナー