single.php

MUJI×URのリノベーション団地で二人暮らし。白を基本に、木のアイテムを加えた2DKインテリア

UR賃貸住宅 暮らし心地レポート[PR] Vol.2

シェア
MUJI×URのリノベーション団地で二人暮らし。白を基本に、木のアイテムを加えた2DKインテリア

緑あふれる環境と、ゆとりの空間があるUR賃貸住宅。実際に住んでいる方に「暮らし心地」をお聞きする連載がスタート。
第2回は、MUJI×UR団地リノベーションプロジェクトのお部屋を素敵に住みこなしていらっしゃる、二人暮らしのインテリアを拝見しました。

text : Miha Tamura / photo : Tsubottle

白くて大きなキッチンから、暮らしを発信

InstagramやYouTubeで暮らしの様子を発信していらっしゃる、nidones の Mio さんと Yu さん。二人暮らしのスタートに選ばれたのは、MUJI×UR団地リノベーションプロジェクトのお部屋。47㎡ほどの2DKで、白いキッチンと麻畳が特徴です。

お部屋の決め手になったのは、MUJI×URのお部屋ならではの、この真っ白な対面キッチン。

お部屋の決め手になったのは、MUJI×URのお部屋ならではの、この真っ白な対面キッチン。

「いろいろ探している中で、“リノベーション団地”っていうのがあるらしいぞ、と知って、
MUJI×URに辿り着きました。他にもいろいろ候補がありましたが、この部屋を内覧したら、もう“ここ一択だな”となって」(Yuさん)

「決め手は、白くて広くて、家賃が手ごろだったこと。内装が白であればインテリアのコーディネートもしやすいな、と。特にキッチンが広くて、白いのがポイントでした。暮らしの動画を撮るときにも広くていろんな画角で撮れるので。他の部屋はよくある銀色のキッチンばかりで、この白くて広いキッチンは、ベストでしたね」(Mioさん)

キッチンと合わせて備え付けの白いカウンターテーブル。「たまたま、ぴったりだった」というご家族からいただいたチェアを合わせていらっしゃいます。

キッチンと合わせて備え付けの白いカウンターテーブル。「たまたま、ぴったりだった」というご家族からいただいたチェアを合わせていらっしゃいます。

フレキシブルに使えるように考えられている、MUJI×URの家具。カウンター用のベンチは、キッチンの収納棚としてこちらで活躍。

フレキシブルに使えるように考えられている、MUJI×URの家具。カウンター用のベンチは、キッチンの収納棚としてこちらで活躍。

よく使う器やカトラリーは、すぐに手に取れる場所に。

よく使う器やカトラリーは、すぐに手に取れる場所に。

上部の「小天井」も収納としてうまく活用していらっしゃいます。

上部の「小天井」も収納としてうまく活用していらっしゃいます。

天板やカウンターテーブルの上には余計なものを置かずシンプルに保つことで、インテリアとしても映え、より使いやすそうに見えます。確かに、これは羨ましくなってしまうキッチンですね。

天板やカウンターテーブルの上には余計なものを置かずシンプルに保つことで、インテリアとしても映え、より使いやすそうに見えます。確かに、これは羨ましくなってしまうキッチンですね。

「部屋が明るく、風通しがすごくいいのもポイント」とのこと。広い敷地内には、綺麗に整備された緑がたくさんあって、お部屋からも望めます。

「部屋が明るく、風通しがすごくいいのもポイント」とのこと。広い敷地内には、綺麗に整備された緑がたくさんあって、お部屋からも望めます。

「駅からの道にも、立派な桜並木や銀杏並木があって。こういう街なら、住んでみてもいいなと思いました。子どもが多かったり、緑が多かったり、団地の雰囲気も好きですね」

古いものをうまく組み合わせて暮らす

築50年を超えているこちらの団地。建物としては古い部分もありますが、「レトロな団地暮らしは、むしろ憧れでした」とお二人。

選ばれたのは、リノベーションされた綺麗なお部屋でしたが、お部屋には古道具屋さんで買われた家具など、あえて古いものを組み合わせて暮らしていらっしゃいます。

麻畳とも雰囲気ぴったりのこちらのガラスキャビネットは、Instagramで見つけた古道具屋さんで購入。

麻畳とも雰囲気ぴったりのこちらのガラスキャビネットは、Instagramで見つけた古道具屋さんで購入。

キッチンの主役は、お気に入りだというこちらの食器棚。お引越しの際に「通り道でピックアップできる中古家具」をネットの掲示板で探し、見つけたものだそう。「新しいものよりも、しっくりきています」

キッチンの主役は、お気に入りだというこちらの食器棚。お引越しの際に「通り道でピックアップできる中古家具」をネットの掲示板で探し、見つけたものだそう。「新しいものよりも、しっくりきています」

「蚤の市に行くのも好きで、よく、器や紙モノを買ってきます」とMioさん。

「蚤の市に行くのも好きで、よく、器や紙モノを買ってきます」とMioさん。

古い包装紙などの「紙」のアイテムは、こんなふうにちょっとしたディスプレイにも活用されています。

古い包装紙などの「紙」のアイテムは、こんなふうにちょっとしたディスプレイにも活用されています。

1部屋は思い切って収納兼書斎に

ダイニング・キッチンの隣の仕切りのない6畳のお部屋には、ベッドを置いて寝室兼リビングとして使われているお二人。

ダイニング・キッチンの隣の仕切りのない6畳のお部屋には、ベッドを置いて寝室兼リビングとして使われているお二人。

元は押入れだったスペースを自由に活用できるのもMUJI×URのお部屋の特徴。キャビネットやデスクを置いても窮屈さがありません。ベッドはソファがわりにも活用していらっしゃるそう。

元は押入れだったスペースを自由に活用できるのもMUJI×URのお部屋の特徴。キャビネットやデスクを置いても窮屈さがありません。ベッドはソファがわりにも活用していらっしゃるそう。

玄関横の4.5畳のお部屋は、ウォークインクローゼット風のスペースとして使われています。

玄関横の4.5畳のお部屋は、ウォークインクローゼット風のスペースとして使われています。

そして、こちらの元押入れは収納としては使わず、Yuさんのデスクスペースとして活用されていました。なるほど、そんな手があったのか!

そして、こちらの元押入れは収納としては使わず、Yuさんのデスクスペースとして活用されていました。なるほど、そんな手があったのか!

こうやってみると、「元押入れ」のデスクはすごく広々としていて、使い勝手も良さそうですね。「大きなモニターがあるとインテリアを邪魔しがちだったんですが、ここにおけばカーテンで隠すこともできて便利です

こうやってみると、「元押入れ」のデスクはすごく広々としていて、使い勝手も良さそうですね。「大きなモニターがあるとインテリアを邪魔しがちだったんですが、ここにおけばカーテンで隠すこともできて便利です」

二人分の洋服は、ハンガーラックやオープンな収納棚にしっかり整頓されて収納。

二人分の洋服は、ハンガーラックやオープンな収納棚にしっかり整頓されて収納。

在宅ワークが多くなり、オンラインMTGの際に2人が同じ部屋にいると、音の問題もあったそう。今は、Yuさんが書斎スペース、Mioさんがベッド横のスペースと分かれて仕事ができるようにされています。

在宅ワークが多くなり、オンラインMTGの際に2人が同じ部屋にいると、音の問題もあったそう。今は、Yuさんが書斎スペース、Mioさんがベッド横のスペースと分かれて仕事ができるようにされています。

「木」のアイテムを取り入れた、あたたかな暮らし

お部屋が白く、無機質な雰囲気なので、家具は「あたたかみのある木の雰囲気」を取り入れていると、Mioさん。

dscf0872

家具だけでなく、お部屋の随所に置かれた小物も、木や自然の素材を使ったものが多いです。

家具だけでなく、お部屋の随所に置かれた小物も、木や自然の素材を使ったものが多いです。

ダイニング・キッチンに吊るされたランプシェードや

ダイニング・キッチンに吊るされたランプシェードや

サーキュレータも、あえて「木」が使われているものを選ばれています。細かいところもこだわることで、部屋全体があたたかく、良い雰囲気になるんですね。

サーキュレータも、あえて「木」が使われているものを選ばれています。細かいところもこだわることで、部屋全体があたたかく、良い雰囲気になるんですね。

部屋の家具を決めるときには、木の色味を揃えることも意識されていたそう。「彼女から、家具に使う木の色のカラーコードをまとめたシートが送られてきて。この人すごいなって思いました(笑)」とYuさん。

部屋の家具を決めるときには、木の色味を揃えることも意識されていたそう。「彼女から、家具に使う木の色のカラーコードをまとめたシートが送られてきて。この人すごいなって思いました(笑)」とYuさん。

「お部屋によっても色や雰囲気を変えたいと思って、キッチン側は明るいくすんだ白木系の色、ベッドルーム側は少し赤みのある感じにしています」とMioさん。

「お部屋によっても色や雰囲気を変えたいと思って、キッチン側は明るいくすんだ白木系の色、ベッドルーム側は少し赤みのある感じにしています」とMioさん。

真っ白なキッチンのあるMUJI×URのリノベーション団地で、木のぬくもりや、レトロさを感じられる家具を合わせ、あたたかな雰囲気を作られていた、Mioさん、Yuさん。MUJI×URならではの特徴をうまく活かして、素敵に住みこなしていらっしゃるお部屋でした。

dscf0823

nidones さんのSNSアカウントはこちら
https://www.instagram.com/nidones/
https://www.youtube.com/watch?v=3fJQyyMtOgE

unnamed
「それならURに住んでみない?」INDEX
Vol.1 「UR賃貸住宅」ってなに?ふつうの賃貸となにが違うの?
Vol.2 「UR賃貸住宅」を借りる時ってどうすればいいの?実際に見学しに行ってみました
Vol.3 「UR賃貸住宅」は初期費用がお得ってどういうこと?具体的にどのぐらい違うの?
Vol.4 「和室」をおしゃれに使いこなす方法を教えて!
Vol.5 「駅からバス」って、やっぱり不便?そんなこともないですよ!お得で便利なUR賃貸住宅の「バス近物件」まとめました。
Vol.6 在宅ワークなら「UR賃貸住宅がおすすめ」って、どんな理由?
Vol.7 一人暮らしでも「広い部屋に住む」メリットって?デメリットもあるの?
Vol.8 賃貸借契約の保証人ってなに?絶対必要なの?

「UR賃貸住宅 暮らし心地レポート」 INDEX
Vol.1 光あふれる団地で、ナチュラルモダンな家具に囲まれた一人暮らしの2DKインテリア

田村美葉

田村美葉

グッドルーム・ジャーナル編集部所属。エスカレーターマニアというちょっと変わった肩書きを持っていますが、インテリアやリノベーションが大好きです。goodroon journal の取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。

シェア
MUJI×URのリノベーション団地で二人暮らし。白を基本に、木のアイテムを加えた2DKインテリア
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

UR賃貸住宅 暮らし心地レポート[PR] Vol.1

光あふれる団地で、ナチュラルモダンな家具に囲まれた一人暮らしの2DKインテリア

緑あふれる環境と、ゆとりの空間があるUR賃貸住宅。実際に住んでいる方に「暮らし心地」をお聞きする連載がスタート。 第1回は、「全てが小ぶりだったワンルーム」から、大きなキッチンとくつろげる和室のある2DKのUR賃貸住宅へとお引越しをされた、 maatona さんをご紹介します。…

教えて!グッドルーム〜それならURに住んでみない?〜 [PR] Vol.3

「UR賃貸住宅」は初期費用がお得ってどういうこと?具体的にどのぐらい違うの?

「長く、安心して暮らせるいいお部屋」を探している方におすすめしたいのが、UR賃貸住宅のお部屋です。みんなが抱えているお部屋の悩み、実はUR賃貸住宅なら解決できるかもしれません。 今回は、「UR賃貸住宅」のメリットとしてあげられる「初期費用がお得」というポイントについて、具体的にどのぐらい差があるのか、グッドルームスタッフが詳しく解説します。…

教えて!グッドルーム〜それならURに住んでみない?〜 [PR] Vol.1

「UR賃貸住宅」ってなに?ふつうの賃貸となにが違うの?

「長く、安心して暮らせるいいお部屋」を探している方におすすめしたいのが、UR賃貸住宅のお部屋です。みんなが抱えているお部屋の悩み、実はUR賃貸住宅なら解決できるかもしれません。 今回は、「UR賃貸住宅」って、普通の賃貸とどんなところが違って、どんなメリットがあるのか、グッドルームスタッフが解説します。 …

教えて!グッドルーム〜それならURに住んでみない?〜 [PR] Vol.6

在宅ワークなら「UR賃貸住宅がおすすめ」って、どんな理由?

「長く、安心して暮らせるいいお部屋」を探している方におすすめしたいのが、UR賃貸住宅のお部屋です。みんなが抱えているお部屋の悩み、実はUR賃貸住宅なら解決できるかもしれません。 今回は、最近「在宅ワーク」を始められた方に。UR賃貸住宅ならではのメリットをまとめてみました。…

教えて!グッドルーム〜それならURに住んでみない?〜 [PR] Vol.4

「和室」をおしゃれに使いこなす方法を教えて!

「長く、安心して暮らせるいいお部屋」を探している方におすすめしたいのが、UR賃貸住宅のお部屋です。みんなが抱えているお部屋の悩み、実はUR賃貸住宅なら解決できるかもしれません。 今回は、UR賃貸住宅の間取りに多くある「和室」の使い方にスポットをあててみました。畳のお部屋だからこそのメリットを活かしながら、おしゃれに使いこなすインテリア実例を紹介します。 …

教えて!グッドルーム〜それならURに住んでみない?〜 [PR] Vol.2

「UR賃貸住宅」を借りる時ってどうすればいいの?実際に見学しに行ってみました

「長く、安心して暮らせるいいお部屋」を探している方におすすめしたいのが、UR賃貸住宅のお部屋です。みんなが抱えているお部屋の悩み、実はUR賃貸住宅なら解決できるかもしれません。 では実際に「UR賃貸住宅」を借りるときってどうしたらいいの?実際に見学に行き、気になる疑問を直接お聞きしてきましたよ。…

アプリバナー