single.php

すっきり見せる6.4畳、手仕事のアイテムと暮らす1LDKなど。11月のインテリア実例まとめ読み

私らしく暮らす。賃貸インテリア 総集編

シェア
すっきり見せる6.4畳、手仕事のアイテムと暮らす1LDKなど。11月のインテリア実例まとめ読み

人気企画「私らしく暮らす。賃貸インテリア」の記事を、まとめ読み!2023年11月に公開したインテリア実例の記事をまとめました。11月は、すっきり見せる工夫がつまった6.4畳の一人暮らし、手仕事のアイテム、自然を感じるアイテムと暮らす1LDKなどのお部屋が人気でしたよ。

by goodroom journal

お部屋をすっきり見せる工夫がたくさんつまった、6.4畳の一人暮らしインテリア

梨音さんが一人暮らしをしていらっしゃるのは、26㎡ほどの1K。お部屋の広さは約6.4畳。駅から近く、築浅で、条件も揃っていたことがお部屋の決め手。6.4畳の空間を、シンプルでナチュラルに整え、お部屋の中で、少し気になったところは自分で手を加えることで工夫されています。
洗面台の棚には、購入先でカットしてもらった木の板を置いて、ナチュラルな印象をプラス。使い勝手もよくなって、これは真似したいアイデアです。
LOWYA で購入したデスクは、収納一体型で、デスク周りで使うものを全てまとめられる便利な家具。奥行き47cmとコンパクトで小さなお部屋でも邪魔にならないサイズ感も気に入っているそう。

手仕事のアイテム、自然を感じるアイテムを組み合わせて。一人暮らしの1LDKインテリア

編集者としてご活躍の長野宏美さん。ご自宅は40㎡ほどの1LDK。goodroom オリジナルリノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」のお部屋です。
L字に窓を囲む、不思議な形の1LDK。外の景色をのぞむ窓際にデスクとダイニングテーブルを置かれていらっしゃいます。
お仕事は、眺めのよい窓際の特等席で。デスクは写真左側の窓、正面の窓、どちらの向きにも置けるサイズのものを購入。「仕事の合間にキラキラしたものが目に入ると楽しいので」と、窓際にはガラスのオブジェなど、光を集めるものを並べていらっしゃいました。

暮らしの中で湧いてくるイメージを形にする。1K・25㎡の一人暮らしインテリア

就職を機に念願の一人暮らしを決めたお暇さん。それまでのライフスタイルに合わせて住まいも探されていました。「物が多い私は築年数よりも、洋室の広さを重視しました。この部屋は洋室が8畳あり、模様替えも工夫ひとつで一気に雰囲気を変えられそうだと思いました。」
「また元々持っていた家具のほとんどが濃い木材の色合いで、それらに合うような建具や床の色も決め手の一つでしたね。」 ご自宅のインテリアはご自身で作ってみたり、手を加えられたものも複数使われています。大切にされているのは、暮らしの中で、感じたものを表現してみること。
賃貸の場合、コンパクトに収まっていることも多いキッチン。お暇さんはここでも創意工夫しながら使いやすい空間になるよう手を加えられています。

たくさんの植物と異なる素材を組み合わせてつくる自分好みのお部屋。1K・21㎡のインテリア

初めての一人暮らしのお部屋を職場への路線や室内環境を条件に見つけられたyokkoさん。お気に入りのお店のアイテムやDIYを駆使してつくられたお部屋について伺っていきます。

たくさんの色がバランス良くまとまった広々リビング。二人暮らしの2LDKインテリア

二人暮らしの広々リビング。殺風景にならないように、高さを活かした植物の配置や、小物でさまざまな色を取り入れる工夫によって、居心地のよい空間をつくっていらっしゃる、二人暮らしの2LDKを拝見しました。

暮らしに合わせて色合いを足していく。2LDK・44㎡二人暮らしのインテリア

職場へのアクセスなども考え駅近で、2部屋以上の物件を条件に、ふたり暮らしの住まいを見つけられたsbeさん。DIYと色を足しながらつくられているお部屋について伺っていきます。

イエロー×ウォルナットでつくる、印象的でハッピーなリビングダイニング。二人暮らしの1LDKインテリア

鮮やかなイエローとウォルナットのフローリングの組み合わせで大胆に彩るリビングダイニング。イエローをベースに素敵な色合わせを楽しむ、ハッピーなオーラに溢れた二人暮らしの1LDKを拝見しました。

間取りを活かしたDIYでつくる。2K・39㎡の二人暮らしインテリア

二人の持っている家具とこれから欲しいものを図面に落としながら検討していく。同棲をきっかけにお部屋探しを始められたあきさんとりんたさんの、二人でDIYもしながらつくられたお部屋について伺っていきます。

二人と2匹、みんなが楽しみながら暮らせるお部屋。2LDK・66㎡のインテリア

元々、物件を見るのが好きで、今回の住まいも習慣化していたリサーチの中で見つけられたというHARUさん。愛犬、愛猫の2匹と暮らすお部屋についてお話を伺っていきます。

リノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」って、どんな部屋?

賃貸だと、満足のいくお部屋探しができないと思っていませんか。
TOMOS(トモス)は、賃貸でも心地よく暮らせる、ありそうでなかった「ふつう」のお部屋ブランドです。

ほんものの木でつくられた床は、さらっとした肌ざわりや、ふわっと広がる木のにおいが楽しめます。
また、革ざいふのように、使い込むほどに色合いやツヤが変化していきます。

五感で楽しむ。時間とともに育てる。住めば住むほど、いとおしくなる。

「ふつう」なのに、どこにもない。
ちょっと特別なTOMOSのお部屋に暮らしませんか。

gallery_5

TOMOSのお部屋一覧はこちらから
東京・神奈川・埼玉・千葉大阪・神戸・京都名古屋福岡広島札幌

初期費用ナシ・すぐにおしゃれな部屋で暮らせる「goodroom サブスくらし」

「goodroom サブスくらし」は、月額69,800円から、家具・家電つきのマンスリーマンション、そしてホテルに自由に住み替えが可能なサービスです。

家具や家電、WiFiなど、必要なものが揃っているので、引越しで用意するのは、スーツケースひとつだけ。敷金・礼金などの初期費用もありません。

さらに、goodroom が運営するマンスリーマンションにプラスして、全国47都道府県800施設以上のホテルが利用可能。

毎月自由に住む部屋を変えられて、リーズナブルに好きな街に住む。そんな賃貸より身軽な暮らし方を実践してみませんか?

シェア
すっきり見せる6.4畳、手仕事のアイテムと暮らす1LDKなど。11月のインテリア実例まとめ読み
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.305

空間を有効活用し、古着屋さんのようなディスプレイを楽しむ。6畳の一人暮らしインテリア

築40年の、古くて狭いお部屋。かわいく住みこなすにはどうしたらいい……?古着屋さんのようなイメージを目指して、小さな空間を活用しながらかわいらしくまとめていらっしゃる、6畳の一人暮らしのお部屋を拝見しました。…

spacegray
main_copy
sub_copy
goodroom