single.php
アナログの楽しみ方。 Vol.6

手紙を読むように、「zine」を読む『MOUNT ZINE Shop(東京・都立大学)』

シェア
手紙を読むように、「zine」を読む『MOUNT ZINE Shop(東京・都立大学)』

本屋さんに立ち寄って、棚に並べられたいろんな雑誌の表紙を眺め、手に取る至福の時間。大好きな雑誌を手にいれ本棚に並べるときには、特別な価値があるように思います。最近では、北九州市が発行し一部の地域やお店限定で配布する雑誌「雲のうえ」にファンクラブができるなど、出版社によらず自分たちで作る雑誌「zine」も人気。「zine」の発行・販売をしているお店に、その魅力をあらためてお聞きしてみました。
(text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai)

手紙を読むように、「zine」を読む

都立大学から呑川緑道沿いに歩き、少し進んだ先に、古民家の1階を改装した小さなスペースがある。半分はギャラリースペース、もう半分は、東京でも珍しい、zine専門の本屋さんだ。半年に1回Webから公募し入れ替えを行うというzineが、約150種類並ぶ。
お話を聞かせてくださったのは、MOUNTの櫻井史樹(ふみき)さん。zineの魅力と、おすすめを聞いてみた。

クリエイターなんだから、自分で作っちゃおう

櫻井さんが代表をつとめるMOUNTは、写真家やイラストレーター、デザイナーといったクリエイターに、リアルとweb、双方で、発表する場所、機会を提供している。アナログのzineもそのなかのひとつだという。

「出版社から本を出すのは、今の時代はなかなか厳しいし、制約もあるので。クリエイターなんだから、自分で好きなように作って、好きなように売ったらいいじゃないか、という発想がありました。
編集ソフトもすぐ手に入るし、印刷代も今はすごく安くなっているので、環境として整ってきたというのも大きくて、zineを作っている人は間違いなく増えていますね」

dsc06249

”コミュニケーションツール”としてのzine

店内には、写真やイラスト、文章など、様々な形式で表現された小さな本が1冊ずつ、丁寧に陳列されている。手にとってみると、ぎゅっとその人の好きなモノがつまっていて、会ったことはない誰かから、手紙を受け取ったような気持ちになった。

「zineは、いっぱい売って儲けるのではない価値、本にして、他人に渡すことで、自分の興味関心をわかってもらう、”コミュニケーションツール”としての役割が大きいですね。
SNSやweb上だけだと、際限がなくて、たとえば写真でも、いっぱい撮ったけど、どうしよう?となる。そこで、1回振り返って、立ち止まって自分がやってきたことを整理する、1冊のものにまとめる作業というのは、重要なことだと思います」

MOUNTでは、zineを作るスクールを開催している。ふつうのサラリーマンや、一般の人も多く、デザイナー・クリエイター界隈だけではなく、もっと広くいろんな人が自分で作ってお店に出せるようにしたいという思いがあるそう。

「誰でも、興味のあることってひとつぐらいは持っているはず。zineはテーマが自由ですから。本を作るということ、表現を楽しんでほしいですね」

MOUNT ZINE Shop おすすめの4冊

dsc06258

un-found-ation/Sayuri Nishiyama
analog13
カメラマンとデザイナーがコラボレートして作っている1冊。プチプチの貼られた表紙など、装丁もおもしろい。
2016年発行/crevasse

人、mata、人。/ toytoy
analog14
イラストレーター、toytoyさんの本。少し分厚い紙の質感と、あわいイラストがとてもうまくマッチしている。ぴったりの紙を選ぶのも、zineの楽しみのひとつ。
2016年10月30日発行/哲学的遊社

はんこな日々。秋/ひびのさなこ
analog15
はんこ作家、ひびのさなこさんの本。はんこで日常の一コマを日記のように表現している。「はんこはWebより紙のほうが質感が出るので、相性がとてもいいですね(櫻井さん談)」
2016年8月30日発行/ひびのさなこ

珈琲のはなし。/高橋マキ
analog16
京都の純喫茶を1軒ずつ丁寧に取材した本。濃密な情報量に込められた想いの深さを感じる。
2016年10月21日発行/高橋マキ

MOUNT ZINE Shop

dsc06322
住所:東京都目黒区八雲2-5-10(東急東横線 都立大学駅 徒歩6分)
電話:03-5726-8290
open : 木・金・土・日(12〜19時)
close : 月・火・水
https://zine.mount.co.jp/

>goodroomで都立大学駅の賃貸を見る
>goodroomで東急東横線の賃貸を見る
>goodroomで目黒区の賃貸を見る

シェア
手紙を読むように、「zine」を読む『MOUNT ZINE Shop(東京・都立大学)』
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

アナログの楽しみ方。 Vol.4

新メディアとして注目されるカセット。『Waltz(東京・中目黒)』

今年9月、「4000万曲以上の楽曲を聞き放題」というユーザー数世界一の無料音楽配信サービス「Spotify(スポティファイ)」がついに日本初上陸した。LINE MUSIC、AWA、Apple Musicに続き、このアプリ参入で、日本のストリーミング音楽人口はますます拡大傾向。さらに超高品質のハイレゾ音源の配信も続々と始まり、もう音楽シーンはデジタル音源のスマホで充分。ところが、時代に逆行するように…

アナログの楽しみ方。 Vol.2

フィルムカメラのスローな魅力『ポパイカメラ(東京・自由が丘)』

スマートフォンで思い立ったらすぐ、カメラが起動できる今、いつでも身近にある「写真」。デジタルの写真は、撮ってすぐに確認をしてSNSにアップして、スピーディーに大量に、流れていきます。そんな時代だからこそ、少し時間をかけて、ゆっくり写真に向き合うことのできる”アナログ”な手法が注目されているのかも。チリチリとフイルムを巻いて、ワクワク現像を待って。「手触り」のある写真を楽しんでみませんか? (te…

アナログの楽しみ方。 Vol.5

本棚に”自分の好きなコト”を並べたい『SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(東京・渋谷)』

本屋さんに立ち寄って、棚に並べられたいろんな雑誌の表紙を眺め、手に取る至福の時間。大好きな雑誌を手にいれ本棚に並べるときには、特別な価値があるように思います。最近では、北九州市が発行し一部の地域やお店限定で配布する雑誌「雲のうえ」にファンクラブができるなど、出版社によらず自分たちで作る雑誌「zine」も人気。「zine」の発行・販売をしているお店に、その魅力をあらためてお聞きしてみました。 (t…

アナログの楽しみ方。 #column

代々木八幡『SO BOOKS』で手に入れる”名作アナログ”

渋谷区代々木八幡、高架横の小さな路地に店を構える、写真・アート専門の古書店「SO BOOKS」。本棚に入りきらず天井まで積み上げられた古書は、1冊1冊、手に取れば作り手の想いが「もわっ」と立ち上ってきそうなほど、濃厚なものが揃う。 店主・小笠原郁夫さんに、「写真」「アート」「本」という形のなかでも特に、”アナログ”な手法で作られた名作をお聞きした。…