single.php

本棚に”自分の好きなコト”を並べたい『SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(東京・渋谷)』

アナログの楽しみ方。 Vol.5

シェア
本棚に”自分の好きなコト”を並べたい『SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(東京・渋谷)』

本屋さんに立ち寄って、棚に並べられたいろんな雑誌の表紙を眺め、手に取る至福の時間。大好きな雑誌を手にいれ本棚に並べるときには、特別な価値があるように思います。最近では、北九州市が発行し一部の地域やお店限定で配布する雑誌「雲のうえ」にファンクラブができるなど、出版社によらず自分たちで作る雑誌「zine」も人気。「zine」の発行・販売をしているお店に、その魅力をあらためてお聞きしてみました。
(text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai)

本棚に”自分の好きなコト”を並べたい

渋谷の東急文化村の前を通ってさらに北上すると、住宅街の中に点々と個性的な飲食店が並ぶ、「奥渋」といわれるエリアがある。ここに2008年にOPENしたのが、「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」通称SPBSと呼ばれる本屋さん。渋谷から文化を発信している、ちょっと個性的な本屋さんだ。

dsc06784

お店をのぞくと、意外に最新刊の雑誌やコミックなど気軽に買えるものも多く、服や、衣食住にまつわるいろんな雑貨も豊富。goodroom のオフィスも渋谷にあるのだけど、仕事帰りについついふらっと立ち寄ってしまいそうな、ワクワク感がある。

「SPBSは、本のある暮らしを提案するセレクトショップ。個性的になりすぎず、あえて敷居を低くしたいと思っています」と話してくれたのは、広報の神垣誠さん。

最新刊の雑誌とともに、”冬じたく”をテーマにした雑貨のコーナーがあった。

最新刊の雑誌とともに、”冬じたく”をテーマにした雑貨のコーナーがあった。

「雑誌に載っている情報って、ちょっとした憧れ感というか、ちょっと先をゆくものが多いですよね。最近は、表紙にもすごく力が入っていて、本を読まない人でも、インテリアの中の雑貨感覚で買ったりもします。自分の好きな、興味のあることを、”モノとして存在させられる”という嬉しさがあるのかなと思いますね」

「そこで作ってそこで売る」

お店の奥には、ガラス張りの「編集部」があり、じつはこちらで、オリジナルの本の出版を行っているのだ。

「店名のとおり、そこで作って、そこで売る、がSPBSのコンセプト。”Made in Shibuya”というレーベルで、不定期にzineを刊行しています。たとえばAppleの商品にはMade in California とついていますが、カリフォルニアという土地に根付きながら全世界に発信していき、さらにそれが世界中に根付いているというのが素晴らしいな、と思っていて。渋谷から、同じように文化を発信していくという意味を込めています」

zineとは、出版社や取次を通さない自費出版の刊行物のことだ。Made in Shibuya シリーズは各号250〜400部、これまでに17冊刊行した。販売開始して1日で売り切れてしまったものもあるのだという。

FRAGMENTの藤原ヒロシさんの私物であるTシャツを撮影し、1冊ずつ手作業で製本したという、『THE TEES I HAVE WORN』。ファンの間で広まって、1日で完売してしまった。

FRAGMENTの藤原ヒロシさんの私物であるTシャツを撮影し、1冊ずつ手作業で製本したという、『THE TEES I HAVE WORN』。ファンの間で広まって、1日で完売してしまった。

好きな人が書いて、好きな人に直接届ける

dsc06797

Made in Shibuya シリーズでは、渋谷に限らず、そのとき、編集部の各人が興味のあったことを自由に取り上げている。入り口近くのテーブルにまとめられた、SPBS発行以外の様々なzineにも、食、ファッション、音楽など様々なジャンルのものが並ぶ。

「zineって、テーマが自由だからなにをしてもいいんですよね。自分の欲求に忠実に、好きな人が好きなテーマで書いて、その自己満足度合いが完成度につながる。そして、それが好きな人にストレートに届くことが、zineのおもしろさかなと思います」

神垣さんおすすめの zine 4冊

#TALKINBOUTPHOTOGRAPHY Vol.1〜Vol.4
dsc06745
analog
SPBSで開催したトークイベント、「誰でも撮れて、誰でも発信できる時代の写真“論”」の内容をまとめた本。編集者の岡本仁さんが、現在活躍する写真家に公開インタビューをする。Vol.1 をひっくり返して裏からVol.2 を読む、”両A面”のつくりになっている。
http://store.shibuyabooks.co.jp/item/9780000567116.html

フランスたべきろく
analog3
当時SPBSのご近所に住んでいたあーちんが、夏休みに遊びに行ったフランスで食べたものを絵と文章で記録。当時小学生だったと思えないほど、描かれたひとつひとつの食べ物が本当に美味しそう。
http://store.shibuyabooks.co.jp/item/9780000498779.html

麻布校刊
analog2
麻布高校の学生が母校への想いを形にした1冊。デザインや装丁もプロ顔負けで、想いが溢れるあまり、ページ数に収めるためどんどん文字が小さく凝縮されていったというのがおもしろい。「僕の母校なので特別思い入れがあるんですが……」と紹介してくれた神垣さんだが、部外者が読んでもじつに興味深い内容に仕上がっているのはさすが。
http://store.shibuyabooks.co.jp/item/9780000568793.html

パスで朝食を。サンサでビールを。
analog5
クリエイティブチーム301と、渋谷にあるクリエイターのための拠点Fab cafeがタッグを組んだ、「食」にまつわる新たなプロジェクト「THE OYATSU」の本。SPBSのすぐ近所だという、フレンチレストランPATHの後藤さんとビアバーsansaの橋本さんの対談がおさめられた、これも「渋谷発」の本。
https://301tokyo.stores.jp/items/57b6adfd41f8e86b8a005cb5

SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS

dsc06810
東京都渋谷区神山町17-3テラス神山1F
OPEN : 月~土 12:00‐24:00/日 12:00‐22:00(不定休)
http://www.shibuyabooks.co.jp/

>goodroomで渋谷駅の賃貸を探す
>goodroomで渋谷区の賃貸を探す
>goodroomで山手線の賃貸を探す

シェア
本棚に”自分の好きなコト”を並べたい『SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(東京・渋谷)』
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

お気に入りの本屋を探そう Vol.2

想像力が膨らむアートブックのオモチャ箱。『UTRECHT(渋谷・東京)』

本も好きだけど、本屋はもっと好き。ずらりと並んだ本や雑誌の棚を眺めているだけでも刺激的だし、最近では、カフェを併設していたり、可愛い雑貨が売られていたり、面白そうなイベントを開催していたり、本屋で過ごす時間がどんどん楽しくなっている。そこで、2017年、あなたのお気に入りの本屋を見つけてみませんか。 (text : Ako Tsuchihara / photo : Kayoko Aoki)…

アナログの楽しみ方。 #column

代々木八幡『SO BOOKS』で手に入れる”名作アナログ”

渋谷区代々木八幡、高架横の小さな路地に店を構える、写真・アート専門の古書店「SO BOOKS」。本棚に入りきらず天井まで積み上げられた古書は、1冊1冊、手に取れば作り手の想いが「もわっ」と立ち上ってきそうなほど、濃厚なものが揃う。 店主・小笠原郁夫さんに、「写真」「アート」「本」という形のなかでも特に、”アナログ”な手法で作られた名作をお聞きした。…

アナログの楽しみ方。 Vol.6

手紙を読むように、「zine」を読む『MOUNT ZINE Shop(東京・都立大学)』

本屋さんに立ち寄って、棚に並べられたいろんな雑誌の表紙を眺め、手に取る至福の時間。大好きな雑誌を手にいれ本棚に並べるときには、特別な価値があるように思います。最近では、北九州市が発行し一部の地域やお店限定で配布する雑誌「雲のうえ」にファンクラブができるなど、出版社によらず自分たちで作る雑誌「zine」も人気。「zine」の発行・販売をしているお店に、その魅力をあらためてお聞きしてみました。 (t…

お気に入りの本屋を探そう Vol.8

海の向こうの作り手に思いを馳せて。『POST (恵比寿・東京)』

本も好きだけど、本屋はもっと好き。ずらりと並んだ本や雑誌の棚を眺めているだけでも刺激的だし、最近では、カフェを併設していたり、可愛い雑貨が売られていたり、面白そうなイベントを開催していたり、本屋で過ごす時間がどんどん楽しくなっている。そこで、2017年、あなたのお気に入りの本屋を見つけてみませんか。 (text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai)…

アプリバナー