single.php
街で人気のボタニカルショップ Vol.1

南仏を感じるアンティークとグリーンの素敵なバランス 『BROCANTE(東京・自由が丘)』

シェア
南仏を感じるアンティークとグリーンの素敵なバランス 『BROCANTE(東京・自由が丘)』

植物をうまく暮らしに取り入れ、楽しむヒントを探しに、街で人気のボタニカルショップをたずねます。
今回おじゃましたのは、フランスアンティーク家具の販売と、ガーデンプランニングを行うBROCANTE(ブロカント)。南仏と植物を愛するオーナーさんの素敵なバランス感覚が感じられるお店です。

text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai

dsc07537
dsc07529

自由が丘の少し奥まった路地の先、アイスバーグのからまった素敵な一軒家があります。こちらは、ガーデンプランニングを担当する松田行弘さん、アンティーク家具を担当する松田尚美さんご夫妻によるお店、「BROCANTE」。BROCANTEとは、フランス語で「古道具」をさす言葉。お互いに、古いものと植物が好きだったというご夫妻が、2003年にオープンしました。

作業台として作られた大きな木のテーブルに並んだ植物。店内のドアや窓も、アンティークのものにあわせて作られています。ところどころ剥げたペンキがシャビーな雰囲気。

作業台として作られた大きな木のテーブルに並んだ植物。店内のドアや窓も、アンティークのものにあわせて作られています。ところどころ剥げたペンキがシャビーな雰囲気。

家具やアンティーク雑貨は、南仏で直接オーナーさんが買い付けてきたもの。ヨーロッパの蚤の市をのぞいて掘り出し物を探している気分です。

家具やアンティーク雑貨は、南仏で直接オーナーさんが買い付けてきたもの。ヨーロッパの蚤の市をのぞいて掘り出し物を探している気分です。


水仙やチューリップなどの植物。

水仙やチューリップなどの植物。


無農薬のハーブ苗。

無農薬のハーブ苗。

シャビーな雰囲気の大きな木の家具、それによく合う雑貨を扱い、軒先にはガーデンアイテムや植木鉢と、季節によっては植物も並びます。春先のこの日は、無農薬のハーブが各種、取り揃えられていました。

dsc07545
収穫して食べるのももちろん、カラフルな葉や、花も楽しめるハーブたち(各300円)。

収穫して食べるのももちろん、カラフルな葉や、花も楽しめるハーブたち(各300円)。

dsc07569
足つきの植木鉢(上左26,500円)、ガーデンテーブル(38,000円)など、お庭で楽しめるアンティークもあります。

足つきの植木鉢(上左26,500円)、ガーデンテーブル(38,000円)など、お庭で楽しめるアンティークもあります。

棚につけられた、白い布とLED電球を組み合わせたライトは、BROCANTEオリジナルのもの(4,800円)。

棚につけられた、白い布とLED電球を組み合わせたライトは、BROCANTEオリジナルのもの(4,800円)。


不織布のバッグはそのまま土を入れて植木鉢になるもの(S270円、M368円)。軽くて手頃な価格も嬉しいプラスチックの植木鉢(S648円、L1296円)などのガーデングッズは人気で、最近増やしているとのこと。

不織布のバッグはそのまま土を入れて植木鉢になるもの(S270円、M368円)。軽くて手頃な価格も嬉しいプラスチックの植木鉢(S648円、L1296円)などのガーデングッズは人気で、最近増やしているとのこと。

無垢材にペンキが塗られた大きな家具は、時代を経てきた証である傷や塗装の剥げ方も大きな魅力。植物も、アンティーク家具も、そんなふうに少しずつ「成長していく」ものだから、組み合わせた時にしっくりくるのかな、なんてことを考えました。毎日の変化を肌で感じる、心地よい暮らしのヒントがもらえるお店です。

dsc07565
dsc07573
dsc07576
dsc07582
dsc07554

BROCANTE
東京都目黒区自由が丘3-7-7
03-3725-5584
Open 13:00-18:00 毎週水曜・第一木曜定休
http://brocante-jp.biz/
instagram @_brocante

>「街で人気のボタニカルショップ」記事一覧を見る
>goodroomで自由が丘駅の賃貸を探す
>goodroomで東急東横線の賃貸を探す
>goodroomで目黒区の賃貸を探す

シェア
南仏を感じるアンティークとグリーンの素敵なバランス 『BROCANTE(東京・自由が丘)』
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

アナログの楽しみ方。 Vol.2

フィルムカメラのスローな魅力『ポパイカメラ(東京・自由が丘)』

スマートフォンで思い立ったらすぐ、カメラが起動できる今、いつでも身近にある「写真」。デジタルの写真は、撮ってすぐに確認をしてSNSにアップして、スピーディーに大量に、流れていきます。そんな時代だからこそ、少し時間をかけて、ゆっくり写真に向き合うことのできる”アナログ”な手法が注目されているのかも。チリチリとフイルムを巻いて、ワクワク現像を待って。「手触り」のある写真を楽しんでみませんか? (te…

街で人気のボタニカルショップ Vol.2

カラフル&ワイルドな植物に出会う『GREEN FINGERS(東京・三軒茶屋)』

植物をうまく暮らしに取り入れ、楽しむヒントを探しに、街で人気のボタニカルショップをたずねます。 今回おじゃましたのは、プラントアーティストの川本諭さんが手がけるGREEN FINGERS(グリーンフィンガーズ)。三軒茶屋のファクトリーショップは、独特の表情を持つグリーンやオリジナルのアイテム、ヴィンテージ雑貨が並ぶ、カラフルで迫力ある空間でした。…

街で人気のボタニカルショップ Vol.4

個性的な植物をひきたてる特別な鉢を探しに。『TOKY(東京・東日本橋)』

植物をうまく暮らしに取り入れ、楽しむヒントを探しに、街で人気のボタニカルショップをたずねます。 今回ご紹介するのは、多肉植物に合わせたオリジナルの鉢を販売する、WEBで人気のショップ「TOKY」。東日本橋に2016年にオープンした実店舗におじゃましました。 …

アナログの楽しみ方。 Vol.6

手紙を読むように、「zine」を読む『MOUNT ZINE Shop(東京・都立大学)』

本屋さんに立ち寄って、棚に並べられたいろんな雑誌の表紙を眺め、手に取る至福の時間。大好きな雑誌を手にいれ本棚に並べるときには、特別な価値があるように思います。最近では、北九州市が発行し一部の地域やお店限定で配布する雑誌「雲のうえ」にファンクラブができるなど、出版社によらず自分たちで作る雑誌「zine」も人気。「zine」の発行・販売をしているお店に、その魅力をあらためてお聞きしてみました。 (t…